木造住宅は空間設計の自由度が高く増築工事などが自由にできる

SITEMAP

木造建築

圧倒的に優れている木造住宅のメリットについて

木造住宅は、日本では一般的になじみのある住宅ではありますが、そんな木造住宅ならではのメリットは多く存在します。そのメリットについていくつか紹介いたします。
1.値段が圧倒的に安い
やはり木造住宅というのは、値段の安さがコンクリートなどの素材に比べると圧倒的に優れています。木材自体が鉄筋などよりも圧倒的に安いものであり、坪単価あたり10万円から30万円ほど安いといわれていることからも木造住宅は費用面で圧倒的に優れています。
2.湿気や熱に強い
また、木造住宅というのは湿気や断熱に強いといわれています。基礎のものが熱を伝えにくい物質になっているため、外からの熱を伝えにくくなっています。木材自身も、水分を吸ってくれる面もありますので湿気にも強いです。鉄筋でも断熱性や吸湿性の加工もできる方法もありますが、その分費用もかさみますので、この点でも費用面的にお得になります。
3.住宅の自由度が高い
木造住宅だと、間取りを設定する際に自由度が高い面があり、特にリフォームなどといったときに増改築がしやすいという面があります。木材ですと鉄筋などに比べると解体などがしやすく、壊したりする費用も掛からないものですから増改築もしやすいです。将来のことまで考えて住宅設計をするなら木造住宅のほうが圧倒的に優れています。

おすすめの記事

TOP